相続人間の争いごと

相続人間の争いごと

一家の世帯主がある日突然何かで亡くなった場合、どのようにすればよいのでしょうか。

葬儀は、誰もがある程度の知識があり、葬儀屋がいろいろと指導してくれ、遺族はお通夜や葬儀、納骨などと慌ただしい日々が過ぎていきます。しかし、こうした儀式は相続とは何ら関係ありません。喪主になったからといって、遺産の一切を引き継ぐということもありません。

相続とは、簡単に言えば、ある人が死亡した場合にその人の財産(遺産)を一定の近親者が受け継ぐことです。

また相続の方法も「法定相続」と「遺言による相続」とがあり、誰が相続人となるかも規定されています。

がしかし、後日亡くなられた方(被相続人)が、生前に所有していた財産が多いか少ないか関係なく相続の問題が多々発生しているのが現実です。

相続人の間でも遺産の分割(各相続人がどのような割合で、どの遺産を相続するか)と不動産の移転登記、物の引渡し(自宅の分割など困難が生ずる)などのさまざまな問題が残っています。

参考として、死亡の日時は、医者が死亡と判定したときで、通常は「死亡診断書」に書かれた日時によります。

事故などで医者に見てもらうこともなく死亡した場合には、医者が死亡を確認し「死体検案書」が作成され、検案して異常があれば医者が警察に届出て検視となることもあります。

車買取専門店@ランキング【体験談あり】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mirukoko.net/cardloan/021.html


<<前のページへ   次のページへ>>