妻以外の女性との子への相続。秘密証書遺言とは。

妻以外の女性との子への相続。秘密証書遺言とは。

遺言で、妻以外の女性との間に生まれた子を認知し、財産のうち一部を相続させたい。誰にも知られずに遺言する方法はないか。

内容を誰にも知られずに遺言する方法として、まず秘密証書遺言が挙げられます。

@遺言者が遺言を書いて署名押印し

Aこれを封筒に入れて同じ印鑑で封印した上で

B公証人役場で公証人と2人以上の証人の前に提出し

Cこれが自分の遺言書であることを公証人に申し述べる。

遺言書の提出を受けた公証人は、封筒に貼り付けた封紙に日付と遺言者が述べたことを書いた後、遺言者、証人とともに署名押印して完成します。秘密証書遺言は遺言者が保管します。

直秘密証書遺言は必ずしも自筆による必要はなく、パソコンによる印字や印刷でもよいことになっており、また他人に頼んで書いてもらうことも可能です。この場合書いてもらった人の住所氏名を公証人に述べなければなりません。

秘密にするための遺言方法としては、自筆証書遺言を作成し、封筒などに入れて封印しておくことも考えられます。自筆証書遺言は、

@遺言内容をすべて手書きし

A作成日付を書き

B自分の氏名を書いて押印すること

が必要です。

ところで、秘密証書遺言や自筆証書遺言は、遺言の内容について専門家である公証人が関与していないため、せっかく遺言を残しても内容が不明確のため無効とされることがあります。そこで公正証書による遺言を考えてもよいと思います。

公正証書遺言は、公証人と2人の承認の前で遺言の内容を述べなければなりません、公証人、証人のいずれもが守秘義務を負っており、内容が外部に漏れる心配はありません。適当な証人がいない場合は公証人役場が証人を紹介してくれます。

有料老人ホームにいこう
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mirukoko.net/cardloan/010.html


<<前のページへ   次のページへ>>