貯蓄の出来ない者のお金の使い方

貯蓄をできるかできないかは、その人の人生観によるところが大きいと思います。

しかも、若い時の人生観が非常に大切です。

若い時に人生観を確立できるのかと言えば、これまたなかなかなしえないことです。

それでは、「人生観」などとおおげさな言葉を用いずに、同じようなことを言うならば、「人生の目的」をしっかりと持っているかということです。

人生の目的があるならば、それに従って、お金の使い方や時間の使い方において我慢するところ、目的に適っている使い方の判断が的確にでき、相当の確率で目的を達成できることでしょう。

こちら



人生の目的ならば、人生観よりも若い年齢の時に自覚できるものと思います。

前置きが長くなりましたけれど、「お金の使い方」について述べるための前置きです。

お金は収入の多い少ないもさることながら、少ない収入であってもお金は貯めることが出来るようです。

逆に、世間相場以上に収入があってもお金が貯まらない人もいます。

こちら



この差は、「人生観」「人生の目的」をしっかりと持っているかの差だと考えます。

今、財布に千円にも満たない現金しか入っていないとします。

大抵の人は、その財布の中身を考慮して一日の行動を計画します。

人生何が起こるかわかりません。一日の行動も計画通りに行かず、つい誘われたり、予想もしていなかった会費の請求などがあって、財布の中身で対処しきれない場合があるものです。

こちら

それに対処するのは最近はキャッシュカードです。しっかりと預金している人はキャッシュカードがあれば、急な出費の時も安心です。しかし、貯蓄のない人は大変です。お金のないことを知られるのも恥ずかしいことであるし、それ以上にお金が無いのだから、無理な理由を作って、出費を回避するしかありません。一人前の人間がいつもこのような対応ならば人間失格ですね。

Web完結カードローンはこのような出費の窮地を救ってくれると考えます。

しかし、いつもWeb完結カードローンに頼ってばかりいたのでは、借入金が増えるばかりで、最終的には返済不能に陥ってしまいます。

こちら



そこで、急な出費の時の対処手段に限定してWeb完結カードローンを使用するのならば、1つの使い方と言えます。

利用の後は、しっかりと返済するために少ない収入からでも懸命に蓄積する努力をすることになります。

要するに、急遽のために日常から貯蓄に努力するのか、急遽の後に貯蓄するかの違いです。

とは言っても、人生の目的がしっかりあれば、急遽の時の備えを怠るはずがありません。

初めて消費者金融
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>