貸金業法の改正から見える消費者レベル別対応策の必要性

今どき、わざわざ銀行へ出向いてお金を借入れようとする人は少なくなったように思います。インターネット上では、申し込みから審査、契約、振り込みによる融資があっという間に行われ、スピード化がいかに消費者にとって有意義であるかを教えてくれることになります。銀行は低金利での貸し付けを行いますが、その分、審査や手続きに時間を使いすぎるのが難点です。忙しい現代人にとっては、いかにスピーディーにお金を用立てることが出来るか?がストレートなメリットに繋がるというわけなのでしょう。

こちら

また、低金利を求めることが安全で有利なお金の借入になることは誰もが承知ですが、現在、銀行系Web完結カードローンは、その流れに沿った安全性を武器に顧客を増やす傾向に有ります。貸金業法の改正により、Web完結カードローンは過払い金の返還、総量規制による顧客の減少など大きな岐路に立たされる結果となりました。

こちら

大手と呼ばれるWeb完結カードローンは、銀行と言う巨大な資本力を後ろ盾に持つことで大型の融資を現実化、優良顧客の獲得に余念が有りません。それに比べ、中小のWeb完結カードローンは、返済に少々リスクが有る、俗に言うブラックである消費者を受け持つ運びにもなっている様子が見受けられます。

こちら

さらに違法業者が紛らわしい情報でリスキーな消費者に甘い罠を仕掛けます。そのような点を見ると、現代は、消費者がWeb完結カードローンを選ぶ時代ではなく、Web完結カードローンが消費者を選ぶ時代となっていると言っても過言ではないのかもしれないのです。銀行とWeb完結カードローンが手を組むことにより、優良顧客である消費者の選択はハッキリとなされる運びにもなっており、銀行のカードローンにWeb完結カードローンの保証が使われる事も一般的に見られるようになりました。

こちら

消費者の安心と安全をモットーにしたお金の借入は一見、実現されたように見えますが、そこから漏れた消費者にとってそのリスクは測り知れないというのが本当の所なのかもしれません。消費者救済を考える際に重要なのは、レベル別の対応策が必然で有るという結論が導き出されそうです。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>