カードローンの審査方法について

カードローンの審査方法は、申し込みをした人の金融に関する事柄を調べます。
大きく分けて3つ調べることがあります。
まず申込者の属性です。

属性とは、年齢や年収、結婚しているかなどのことをいいます。
次に他社での利用状況や過去の金融事故の有無などどうなっているかです。

こちら


最後に申し込み内容に虚偽の報告がないかを確認します。

他社の借り入れ状況や過去の金融事故は審査で調べる項目に入っています。
これは信用情報機関に記録されておりそれらも参照されますので、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

こちら


虚偽の申告をして借り入れをした場合、最悪詐欺罪として告訴されることもありますので、申し込みをする際には必ず本当のことを書かなければいけません。

カードローンに申し込んだ後、多くの会社は電話番号が有効であるかどうかと本人確認の意味で、申込者に連絡を行います。

こちら


ですので、本当のことを書いていれば審査に通ったかもしれないのに、虚偽の申告をしてしまったが為に、担当者との会話でボロが出てしまい審査に落ちてしまうこともあります。

申込者の属性が高ければ審査に通りやすいという話しもありますが、どれだけ属性が高かったとしても過去に返済が遅れたり、自己破産の経歴などの金融事故があれば、審査には非常に通りづらくなります。

こちら



審査をするにあたって必要な物は、借り入れをする会社や希望借り入れ額にもよって変わります。
免許証や保険証などはもちろんですが、自営業者であれば給料明細を3ヶ月分くらい要求されることもあります。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>